ニュース

昨日(6/19)のニュースまとめ

金融庁は国内の登録済み取引所5社へ業務改善命令を下す方針のようだ。暗号通貨市場への参入者がここ1年で急増し、その対応に当たる従業員が不足していたことから内部管理に問題がみられたようである。また日本仮想通貨交換業協会が自主規制ルールを策定し、いままで問題となっていた「取引所などの内部関係者」による情報漏洩・インサイダー取引を禁止し罰則が設けられた。また金融庁も危険視していた匿名通貨(取引を匿名か非匿名か選べ、セキュリティ性の高い通貨)の取り扱いも禁止した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 金融庁、暗号通貨に関する研究会初会合

  2. 日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

  3. アリゾナ州でブロックチェーン法案が成立

  4. XRPとは[初心者向け]

  5. NASDAQ、ブロックチェーンベースのプラットホーム公開へ

  6. 金融庁、取引所だけでなく金融機関の検査

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入