ニュース

国内取引所 bitFlyer

日本国内の金融庁の認可を受けている暗号痛通貨取引所bitFlyerの特徴を解説する。

ビットフライヤーは世界的に知名度の高い暗号通貨を取り扱っており、また他の国内取引所では扱っていないが人気のあるリスク(Lisk)を扱っていることから利用されている。また制度が整っていなかった時代から補償制度を設けるなどの対応がみられる。取扱通貨は

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)       の全7種を扱っている。

また日本国内だけでなくアメリカの34州で取引許可を受けサービスを提供している。取引も小さな売買単価から取引できるため大金を用意しなくとも、取引ができるという面で初心者でも取引がしやすくなっている。ただビットフライヤーでは「業務停止命令が出される」などといった虚偽の情報を流すものが多く、情報をうまく見極めることができないと被害を受けることとなる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内マネーロンダリング事情

  2. 韓国、ギフト券として暗号通貨発行

  3. チェコで栽培「クリプトマト」って?

  4. [PR記事]堅実で安心な取引所運営会社、株式ビットポイントジャパン

  5. FSB、暗号通貨市場監視枠組み発表

  6. サウジアラビアの禁止措置、解禁への試み

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場