ニュース

薬局で暗号通貨決済導入

オーストラリアの薬局で暗号通貨決済が可能となった。

Lugarno Pharmacyという薬局では薬や処方箋の支払いをビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)そしてなんとダッシュ(DASH)でできるようになった。

オーストラリアでは暗号通貨決済の導入が活発に行われており、世界で初めて空港内店舗での決済に暗号通貨を取り入れている。旅行者が快適に決済できるよう、時間も掛らず換金の必要もない暗号通貨決済を可能にし、観光ルートに積極的に導入しストレスなく観光が楽しめるような取り組みがなされている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

  2. ビットコインキャッシュがコア

  3. 中国情勢に変化か

  4. ロシアが規制法案発表

  5. モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

  6. 6月に行われる暗号通貨イベント

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]