ニュース

金融規制当局、法令の準拠を不安視[オランダ]

オランダの金融市場庁(AFM)は暗号通貨取扱企業が法令に準拠しているかについて疑念を抱いているようだ。

現在オランダでは「厳しすぎる規制は取引の規律を失い、業界の育成や人材の流失の面で問題を引き起こす」との考えから、暗号通貨に対する大きな規制は行われておらず、ブロックチェーン技術に関しても発展を促すような取り組みが行われており、全国的にこのブロックチェーン技術を導入するための計画がなされている。→https://coinsforest.com/p/9928/

基本的に暗号通貨やブロックチェーン技術に関して友好的な姿勢の同国だが、AFMは暗号通貨とその管理について伴うリスクから、暗号通貨取扱企業経営者がライセンスの要件を満たせる知識を持っているかについて、大きな疑念を抱いているようだ。

暗号通貨や技術に詳しくとも、金融という分野で必要とされる知識を持ち合わせているのか、それ等から考えうる様々なリスクへの対応は行っているのかが不安視されているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(1/9)の更新記事まとめ

  2. 中国大手の決済サービス会社がリップルネットに参加

  3. VISAのCEO「仮想通貨は扱わない」

  4. マーケットアナリスト相場の福の神こと藤本誠之率いる必勝仮想通貨塾【PR…

  5. カシュカリ米MN連銀総裁「ビットコインは通貨ではない、目新しいおもちゃ…

  6. お金の使い道[消費・浪費・投資]

PAGE TOP

ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

ニュース

暗号通貨に関する改正案、衆院通過[G20・対日審査]

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ