ニュース

暗号通貨は決済手段として普及するのか

欧州経済研究センター(ZEW)の調査によると、ドイツで2020年までに決済手段としてビットコイン(BTC)などの暗号通貨は普及しないと考えられるようだ。

同調査結果によると2020年末までにドイツで音楽などのデジタル商品の代金を暗号通貨で支払えるようになる可能性があると回答した専門家は23%で、アメリカの35%や日本の34%を大きく下回る結果となっている。ドイツで暗号通貨が決済手段として普及しない理由は従来の決済手段に不自由がなく、市場参加者の満足度が高いことが原因とみられる。法定通貨が幅広く使え、信頼している同国ではわざわざ未完成の技術を取り入れる必要性がないということだ。さらにユーロのように幅広く多くの地域で使える法定通貨ともなると、使用者の要求はおよそ満たされている。暗号通貨のほうが決済として対応できる場が少なく、不便に感じるところが普及しない原因だろう。

また支払い手段とするには取引手数料と別の費用が掛かることからも嫌厭される要因といえるだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ICO発表のコダック、ショートセラーの標的に⁉

  2. ETF延期は悲観するものではない

  3. Gtax,節税シミュレーション実装

  4. コインチェック、LSKのステーキングサービス開始[コンセンサスアルゴリ…

  5. IBMと医療業界のブロックチェーンへの取り組み

  6. 突然の発表、Poloniexが17種類の仮想通貨の取引を5月中に終了

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨で代金を支払いたいという提案があり…[コインの森何でも相談]

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ

ニュース

仮想通貨で多くの詐欺にあってしまいました。[コインの森なんでも相談]

ニュース

リップルアルファに関する勧誘[コインの森なんでも相談]

ニュース

コインの森トレード学習講座[経済指標とは、その扱い]

ニュース

STO協会、ワーキング・グループを設置[ガイドライン策定のための検討]

ニュース

三菱UFJ、デジタル化促進へ[デジタル通貨・STO・決済ネットワーク]

ニュース

筑邦銀行、SBIと資本業務提携[地域金融機関との第4メガバンク構想]