ニュース

同性婚をブロックチェーン技術で

スウェーデンの大手企業、BjörnBorgは同性愛者同士の結婚を法律で許可していない多くの国々へ呼びかける運動でブロックチェーン技術を活用している。

ブロックチェーン技術とは→

同社が提供しているMarriage Unblockedでは身分や性別に関係なく結婚の誓いを交わして、ブロックチェーン上で匿名または実名で公開できるプラットフォームとなっている。このプラットフォームでは結婚したいと考えているにも関わらず、理解のない法律でそれらを禁じられている人々が実際に結婚できるように取り組んでいる。友人を愛するように、家族を愛するように性別云々以前に誰かを愛する権利は平等にあり、それは誰にも制限できないもので、誰にも迷惑もかけていないはずなのにもかかわらず、なぜか禁止されている同性愛者の結婚だが、こうした運動で少しでも社会が受け入れてくれるようになるといい。受け入れずとも多様性を認め、個人の意思に介入するような社会ではなくなるようになればいいと思う。

スウェーデンではブロックチェーン技術の活用だけでなく、暗号通貨そのものの導入も進んでいる。キャッシュレス社会の進んでいる同国の現金取引はGDPの1%未満となっており、現金を扱っている銀行も1行となっているため5年以内に現金での取引は行われなくなるのではといわれている。

スウェーデン暗号通貨開発→https://coinsforest.com/p/9290/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イングランド銀行総裁がBTC批判

  2. ロシア暗号通貨規制法案の内容

  3. 約22億円分のETHがハッカー集団に盗まれる

  4. 米商品先物取引委員会、仮想通貨関連の詐欺対策について国外金融当局と連携…

  5. ビットコイン価格急落、300ドルを試す展開か

  6. 韓国最大手取引所Bithumbが今年中にICO実施

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場