ニュース

オーストラリア、徴税強化

オーストラリアの国税庁(ATO)が今年暗号通貨投資家に対する徴税を強化しているようだ。

オーストラリアでは暗号通貨決済の導入や取引・ICOに対する法規制の整備など暗号通貨の分野に関して積極的に取り組んでおり、規制が明確に示されているため関連企業は動きやすくなっている。またICOの広告などに関しても企業に責任や義務を求めるなど、暗号通貨業界の健全化に対して力を入れている国の1つだ。

同国のATOはそうした暗号通貨へ健全化の為に脱税や資金洗浄などを防ぐため、投資家たちのデータを集めているという。納税期間中にデータを集め暗号通貨投資家かどうかを見極め、さらには取引所からのデータで投資家を特定していくようだ。匿名性の高い暗号通貨業界を国税庁は大きなリスクと判断しているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が仮想通貨業界に本格参入…

  2. ビットコインのハードウェア・ウォレット先行予約開始

  3. ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

  4. アメリカも、自主規制団体設立

  5. xVia(エックスヴィア)とは?

  6. HISグループ率いる沢田氏が仮想通貨業界に参入

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場