ニュース

リップル、新たにブロックチェーン技術に2.2億円出資

リップルは新たにテキサス大学のブロックチェーン研究に200万ドルを出資した。

リップルは大学の暗号通貨関連教育を支援するための寄付(https://coinsforest.com/p/10602/)や公立大学を支援するための寄付(https://coinsforest.com/p/8417/)なども行っている。リップルでは学術研究に対して5000万ドル(約55億円)を出資する方針を示している。

このブロックチェーン技術研究や技術開発を促すことはもちろん、学生・技術者問わず、ブロックチェーンや暗号通貨などの分野に対しての興味関心・学習意欲への刺激を目的にこれらの出資協力が行われるようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨の犯罪利用防止に一手

  2. 中国、ブロックチェーン産業指針となる基準策定準備開始

  3. カナダ証券取引所がイーサベースの清算決済プラットフォーム

  4. 中央銀行、CBDCへの関心弱まる?

  5. 仮想通貨取引所フオビ、米国進出に向けて「FinCEN」登録

  6. 【各国取り組み活発】ベラルーシ、デジタル経済促進

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは