ニュース

暗号通貨とクレジットカード

暗号通貨をその名の通り「通貨」として様々な決済手段として利用している人はどれほどいるのだろうか。日本でもビットコイン(BTC)に限らずネム(NEM)、モナコイン(MONA)などの様々な暗号通貨を決済手段として導入している店も多い。しかし現在の日本の暗号通貨への課税状況から、高い税金がかかることを恐れ決済手段として利用するのは難しくなっている。

ただ今ある決済手段としての現金の次に有力なクレジットカードは、その手段を導入する店は高い手数料を負担することになる。クレジットカードでの詐欺や不正利用を防止するために多くの人件費がかかるために、クレジットカードを利用するのは決済としては便利であっても、コストの面で負担が大きいものとなっている。

しかし暗号通貨決済であればこうした不正行為の問題を緩和しつつ、決済手段として特化している通貨を利用すれば大幅に手数料を抑え、決済速度も早めることが可能となる。またどこの会社が管理しているわけではなく、個人でウォレットを作れば送受金が可能となるため、手間やコストもかからない。

こうしたクレジットカードと暗号通貨の違いでも、暗号通貨決済が優れていることがわかるが、こうした暗号通貨決済の良さを活かすには、暗号通貨にかかる税金体制を変える必要がある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【速報】JPモルガンのCEOがビットコインに警告

  2. 中国の取引所が相次ぐ出金制限

  3. 今注目のIOTA

  4. 関電だけでなく東電でも、ブロックチェーンへの取り組み

  5. クーレECB理事「ビットコインは不出来なお金の偽物」

  6. スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ