ニュース

xVia(エックスヴィア)とは?

xViaとはこれまでのxCurrent やxRapidなどを利用した送金ネットワークに接続するためのもので、このxViaを企業に提供することで、より多くの企業がリップルの送金ネットワークに参加することができる。

送金の透明性を保ちながら、請求書などの豊富な送信情報を送信でき、企業間での送金作業なども円滑にかつ透明性を保ちながらコストを削減することが可能となる。また企業間にとどまらず、国際送金での活躍も期待される。送金状況を常に確認できるため、透明性だけでなく状況把握にも役立つ。

これまでのリップル社の提供するものは法人向けといっても、金融機関や送金業者向けのものといった感じであったが、このxViaでは一般企業にリップル社の送金ネットワーク(RippleNet)を利用させることを目的としたもので、これによりリップル社の製品、ひいてはXRPを利用する窓口を増やすことが可能となる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(9/6)のニュースまとめ

  2. 【ゴールドマン・サックス】仮想通貨バブルが崩壊しても問題ない

  3. 国内取引所 DMM.Bitcoin

  4. 認可取引所の「Zaif」不正出金を報告

  5. ワシントン州から仮想通貨取引所の撤退が相次ぐ

  6. アメリカ、物流にブロックチェーン特許

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]