ニュース

xRapid(エックスラピッド)とは?

リップル社の提携しているサービスの中で唯一、暗号通貨XRPを利用している送金業者向けのものとなっている。

現在の国際送金では日本銀行から日本円をアメリカの銀行へドルとして送る場合、取引を行う日本とアメリカの銀行、双方が円とドルを所有している必要がある。つまりある程度外貨を扱っている銀行でなければ国際送金はできないのだ。しかしこのxRapidではこうした日本円やドルといった法定通貨の代わりに暗号通貨、XRPを用いて送金を行う。そのため途上国のように技術が整っていない環境でも国際送金が可能となる。

このxRapidはまだ開発中であるが、既にベータ版を公開しておりこのxRapidを導入している企業もある。国際送金会社であるMoneyGramやWesternUnionなど世界的な企業が導入している。このxRapidの正式版は近々公開される予定だ。

金融機関でXRPが使われる→https://coinsforest.com/p/10620/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内取引所 DMM.Bitcoin

  2. LTCに初の公式決済パートナー

  3. メキシコも仮想通貨を法規制へ

  4. SBI仮想通貨4種取扱予定

  5. 京大教授の暗号通貨に関する講演

  6. マイクロソフト創設者ビルゲイツ氏、BTCはリスキー

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場