ニュース

xCurrent(エックスカレント)とは?

リップル社の提供しているサービスの1つ、xCurrentはXRPを利用せずに使える企業用・法人向け技術となっている。

xCurrentはPippleNet上で通信を行う2者間(E2E)での送金状況の追跡や分析、メッセージングも可能になっている。このxCurrentに利用されているInter ledger Protocol(ILP)は異なる送金ネットワーク間でも取引ができるようにするもので、異なる通貨・異なる銀行でも素早い送金が可能となる。従来の銀行では国際送金は大きな銀行でしか行えなかったため手数料も高く、取引を特定の銀行が行っていたために決済処理も遅かったが、このxCurrentを利用することで銀行は簡単に国際送金も含めた送金作業が素早く行えるようになるのだ。

また送金状況がお互いに確認できるため、取引における透明性が保たれ、送金でのメッセージングも可能なためその取引の詳細を把握し処理ミスを減らすことが可能となっている。つまり金融機関はこのxCurrentを導入することで、送金状況を確認し連絡を取りながら法定通貨の決済が可能になるため、金融機関の信頼度を向上させることも期待できるのだ。またこの連絡だけでなく、xCurrentでは決済や両替が正しいものか不正なものかを判断して情報を追跡、承認する機能もある。

リップル社の提供するサービス一覧→https://coinsforest.com/p/10934/

関連記事

  1. ビットコイン1800ドルを突破、欧米や豪州でも投機熱高まる

  2. FRB「暗号通貨の価格変動は脅威になり得ない」

  3. トロン、法定通貨取引の拡大

  4. [PR記事]堅実で安心な取引所運営会社、株式ビットポイントジャパン

  5. 業務改善命令を受けて、役員辞任

  6. ベトナムでビットコインでの支払いを認める兆し  

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ