ニュース

リップル社の提供するサービス、xCurrent・xRapid・xViaとは?

暗号通貨のXRPを調べる際にリップル社やリップル社の提供しているサービス、xCurrnt/xRapid/xViaが出てきて混乱することもあるのではないだろうか。今回はそれらのサービスを簡単に説明させていただく。詳しい内容については後日、記事を追加させていただく形となる。これらの説明の前にリップル社は、メールやSNSのように文字が自由にやり取りできるのと同じように、価値が自由になることを目標に掲げている。

  • xCurrent(エックスカレント) これは国際送金や銀行同士の送金などで利用できる金融機関向けの技術となっている。個人で使うためのものではなく、法人向けの技術だ。→https://coinsforest.com/p/10938/
  • xRapid(エックスラピッド) これは先ほどのxCurrentで対象にしていた金融機関の中でも送金業者向けの技術となっている。リップル・ラボが開発したXRPを送金に利用することで送金の速度、コストの改善が行える。xCurrentはXRPを利用しなくとも使えるネットワークサービスで、xRapidはXRPを利用することでその流動性などの向上を図るものとなっている。→https://coinsforest.com/p/10944/
  • xVia(エックスヴィア)  xCurrentxRapidで対象にしてきた金融機関ではなく、一般企業を対象に提供しているサービスで国際送金や請求書業務などを速く処理するためのサービスとなっている。送金状況が常に確認できる。→https://coinsforest.com/p/10973/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中国最大手の検索エンジン百度も協力[暗号通貨禁止政策]

  2. 金融機関、現システム改良で対応時間拡大へ

  3. XRP関連ニュースまとめ

  4. 子供へのお小遣いもデジタル通貨がメジャーに?

  5. アメリカの格付機関が「テザー」の危険性を警告

  6. チャールズ皇太子推薦のICO…

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ