ニュース

ネット広告とマイニング、違いはあるのか

所有者の許可なく無断で利用し、暗号通貨のマイニングを行ったとして全国で16人が摘発された。

これまでマイニング関連で摘発された事例はなかったが、閲覧者の同意をとらず無断で他人のPCの機能を利用してマイニングを行ったことから違法と判断し、今回の行動に当たったようだ。

しかしどうだろう、こうして「無断で」とされるとマイニング自体が悪い印象を覚えるが、「無断で」表示されている広告などはこの警察庁のいうところの「違法」には当たらないのだろうか。例えば動画サイトでも見たくもないが飛ばせない広告を見るのに通信料は当然発生する。またサイトを閲覧する際にも、その閲覧履歴をもとに広告が出るようになっている。暗号通貨について調べていれば、その閲覧履歴をもとにサイト閲覧時の広告は暗号通貨関連のものになっているはずだ。これはパソコンやスマホ所有者である我々が許可して行っているわけではない。そしてこれらのネット広告に関する法規制、基準は現状定まっていない

マイニングを無断で行われると動作が重くなる、とする人もいるがそれは利用する割合による。例えば容量の大きい動画を見るとき、容量の大きいゲームをするときスマホの動きが重くなり、動作が止まることはないだろうか。それと同じでマイニングにも容量のようなものがある。容量が大きい、つまりマイニングに利用されている割合が大きければ大きいほど、動作は重くなるのだが、少なければマイニングが行われている、ということに気付かない。各国のセキュリティ会社がマイニングマルウェアの警告を行っているが、ほとんどが「動作に変化は見られず、仕込まれているかわからない」という判断をしている。つまり今あるネット広告と変わらない。

だが、マイニングを行う際にスマホアプリのようにインストール時に許可を求めるようにすれば、今回の摘発は起こらなかったのだろう。許諾を求める通知のようなものを設定することはできたはずで、それを怠ったことが悪意のあるものと判断されたのだろう。こうした事件が起きることでマイニングそのものが犯罪視されるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. LINE、Dapps制作に向け動き出す

  2. 暗号通貨の税理士サービス

  3. 国内のビットコインキャッシュでの決済可能店【BCH】

  4. 米投資ファンドのマルチコイン・キャピタル、ベンチャーキャピタリストから…

  5. 投資会社ブラックロックは仮想通貨に肯定的

  6. Jpモルガン銀行がブロックチェーンの子会社を独立検討

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立