ニュース

金融システムの安定が最優先[ドイツ]

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)の長官は「個人投資家の保護ではなく金融システム全体の安定性を維持することがBaFinの主な役割」と述べた。

長官はBaFinが追っている役割の中に個人投資家の保護が含まれていることは述べながらも、システム上のリスクにしか対応できず、個人の判断で行ったこと全てに対処できるわけではないとした。金融市場全体の安定が脅かされ、消費者全体で損害を受けた場合にはBaFinは規則に則り行動することが原則だとし、全ての投資家の保護を中心としているわけではないとした。もちろん、BaFinは個人投資家が被害にあわないようICOについての警告も昨年11月(ICOが活発になり始めたころ)行っていた。

確かに警告や注意喚起を行っても危険を顧みずに行うもの、理解せずに行うもの、リスクを理解したうえで行うものがいるため、全ての対処に当たれるわけではないのだろう。BaFinは暗号通貨が資金洗浄やテロ資金に利用されないように国際基準で規制を行い、世界中で提携・協力する必要があるとした。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 50万ドル被害?仮想通貨プラットフォームEnigmaにハッキング

  2. ECBドラギ氏、仮想通貨を軽視

  3. マイニングでの誤認逮捕に備えよう

  4. 株式市場の動きが知りたければ、ビットコインに注目しろ

  5. 日本の森林をブロックチェーンで守る

  6. Bithumbでハッキング、被害額確認出来ず

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]