ニュース

取引所、銀行と同水準の規制[韓国]

韓国の金融規制機関(KFIU)と国内金融規制局は犯罪者が暗号通貨を悪用できないように、暗号通貨取引所に商業銀行と同じ水準の規制を課す方針だ。

KFIUではアメリカの厳格な審査制度を模倣して、既存の緩い本人確認と資金洗浄対策の規制を行っている大規模金融機関や個人投資家に対してこの規制を課す予定だったが、議論の結果地下経済や不正活動での利用を防ぐには、暗号通貨取引所も規制対象とすべきだという判断を下し、今回の規制法案提出に至る。

現時点で韓国の取引所では厳しい取り締まりや規制は行われていない。ただ取引所が違法賭博サービスを提供していた疑いやハッキング事件など相次いで問題を起こしていたために今回のような厳しい規制を行うことになったのではないかと考えられる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 政府、キャッシュレス決済時2%還元検討

  2. FSBのG20宛て書簡「仮想資産は現在、世界の金融安定リスクを生まない…

  3. マレーシア、仮想通貨取引には身分証提出を義務

  4. 日本でも暗号通貨業界、自主規制団体発足

  5. BTCは譲渡可能な価値あるもの、と裁判所の見解

  6. ブロックチェーン技術のため、ソニーがIBMと提携

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響