ニュース

FATF、規制に対して本格的に動き出す

フランスに本部を置く資金洗浄に関する金融活動作業部会(FATF)は暗号通貨交換業の規制について、拘束力のないものから義務となるよう議論を進めていく方針だ

FATFは今まで交換業の規制に関するガイダンスを公表し、加盟国(35ヶ国)に対して交換業の登録・免許制の導入、本人確認、取引記録の保存義務を求めていた。今回はこの拘束力のないガイダンスから、加盟国が義務としてこれらの対処をするように動く。義務付けるためにFATFはまず、このガイダンスの内容が適切なものかの再調査、金融機関・暗号通貨交換業にこのガイダンスが適応できるかの議論が行われる。

日本では17年からこのFATFガイダンスを基に規制を行い、実行してきた。加盟国に対する拘束力がないため、現在では国によって法規制にばらつきがみられるが、FATFが本格的に動き出すことで、今後世界はある一定の基準を保って暗号通貨と関われるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ギリシャ市民、ビットコインへ資本移動?

  2. Barclays、ブロックチェーン関連企業2社と契約

  3. 独自仮想通貨発行のベネズエラ、貿易相手国が受け入れへ

  4. 東京の国保、前年比26%上昇

  5. アメリカでも仮想通貨の優遇法進む

  6. 利益を保証するBTC投資会社に停止命令

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響