ニュース

ICOのガイドライン発表[リトアニア]

リトアニアはICOに関する新たなガイドラインを発表した。

リトアニア、ラトビア、エストニア共和国のバルト三国では暗号通貨に寛容的で、暗号通貨そのものだけでなく決済などが急速に普及している。リトアニア政府は「暗号通貨の機能や役割を理解せずにいることは未来につながらない」とし、暗号通貨に対する法規制を整えるための議論が交わされていた。

そんな状況から今回はICOに関するガイドラインが示された。このガイドラインでは課税・会計・資金洗浄対策などを含めた幅広い規制について示されており、ICOの健全化とともに業界の成長も見込めるものとなっている。同国ではICOを行う企業側だけに分かりやすくするのではなく、ICOに関与する顧客も法律上の理解を深め、両社の理解度の差をなくすことを目標としている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 不正マイニングは不起訴、広告としての可能性からか?

  2. 国内初の暗号通貨窓口実店舗、オープン

  3. 分散型取引所に高まる期待

  4. タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

  5. GSブランクファインCEO、仮想通貨がビジネスリスクに

  6. 韓国はビットコインを通貨と認めず

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]