ニュース

ICOのガイドライン発表[リトアニア]

リトアニアはICOに関する新たなガイドラインを発表した。

リトアニア、ラトビア、エストニア共和国のバルト三国では暗号通貨に寛容的で、暗号通貨そのものだけでなく決済などが急速に普及している。リトアニア政府は「暗号通貨の機能や役割を理解せずにいることは未来につながらない」とし、暗号通貨に対する法規制を整えるための議論が交わされていた。

そんな状況から今回はICOに関するガイドラインが示された。このガイドラインでは課税・会計・資金洗浄対策などを含めた幅広い規制について示されており、ICOの健全化とともに業界の成長も見込めるものとなっている。同国ではICOを行う企業側だけに分かりやすくするのではなく、ICOに関与する顧客も法律上の理解を深め、両社の理解度の差をなくすことを目標としている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. コインベースが大規模決済サービスへ

  2. コインチェック「破産申請予定」と内部告発にユーザー混乱

  3. 政府認可、暗号通貨と不動産のファンド

  4. 個人間取引に最適なブロックチェーン技術

  5. オーストリアの銀行がR3へ

  6. USDTは、やはりダメなのか?

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立