ニュース

取引所が個人のウォレットを差し押さえられるのか

日経新聞で「裁判所が仮想通貨口座の資金女入れを出したのに交換会社は対応せず。専門家は資産額氏に悪用される恐れもあると指摘」としているが、この内容は誤解を招いている、というより個人管理のウォレットと取引所管理のウォレットを同一視しているのではないだろうか。

転売すれば利益が出ると勧誘され、市場相場の30倍で購入させられたトラブルで、裁判所はウォレットの差し押さえを交換会社に申し立てたという。しかし交換会社は「ウォレットは当社で管理していない。」と主張している。といった内容のものだが、交換会社・取引所内のウォレットの凍結ならまだしも、個人で管理しているウォレットを取引所が凍結できないのは当然のことだ。技術どうこうの問題ではない。もし、個人で管理しているウォレットを関係ない取引所が介入し、凍結できるようであればそれこそ問題だ。

取引所のウォレットもハッキングなどの攻撃を受けた際に口座を凍結するなどの対策をする場合はあり、取引所が全く取引所内の管理ができないわけではない。しかし今回の事件は取引所の管轄外の問題だ。それをまるで「取引所の問題」であるかのように報道するのはいかがなものだろうか。

今回、取引所がウォレットを凍結できなかったのはそのウォレットが取引所内のものではなく、個人で管理しているウォレットであったからだ。そして個人で管理しているウォレットを関係ない第三者である取引所が介入し、凍結できてしまうようになっては問題だ。

ウォレットの種類→https://coinsforest.com/p/9466/

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. インド、ベネズエラ政府のペトロ拒否

  2. コインベースがイギリスで「電子マネー」の認可取得

  3. Twitter、問題視されていた詐欺撲滅に動き出す

  4. PayPay、支払額20%還元キャンペーン[激化するスマホ決済競争]

  5. 大手金融グループ、住宅ローン証券の追跡にブロックチェーン技術の導入

  6. 指輪にブロックチェーン技術活用

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]