ニュース

バイナンス、ユーロでの取引導入か

アメリカ、ブルームバーグによるインタビューの中で世界最大級の暗号通貨取引所、バイナンスは法定通貨/暗号通貨ペア、ユーロの預入・引き出しを導入する方針を明らかにした。

なかでもユーロ/暗号通貨のペアを導入する方針のようだ。その他の法定通貨に関しては、ユーロを導入したのちに、順に拡大していく。同取引所では法定通貨/暗号通貨ペアは存在していなかったが、この導入により多くの法定通貨が暗号通貨業界へ流れることが予想される。

最近では暗号通貨取引所の海外市場への参入の動きが活発になっている。バイナンスはこのユーロ/暗号通貨ペアを導入することでヨーロッパ圏でのさらなる市場拡大を考えているのではないだろうか。ヨーロッパ圏ではキャッシュレス化が進んで、デジタル通貨による決済、インフラなどの環境が整っているため、このバイナンスの動きで暗号通貨の普及が加速するのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(8/26)のニュースまとめ

  2. ツイキャスでMONA/BTC導入 

  3. ハッカーたちの餌、交換会社

  4. マレーシア中央銀行暗号通貨禁止か

  5. MR.Rippleカスタマーサポート一時停止

  6. イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘