ニュース

マイニングとは[初心者向け]

暗号通貨を手に入れる手段として、取引所が乱立している現在では取引所での購入が主流なものとなるが、他にもマイニングで手に入れる方法や無料ゲームで報酬として手に入れる方法もある。今回はその中のマイニングについて説明する。

マイニングとは暗号通貨の取引を承認する、つまり「AさんからBさんへいくら送った」という取引を書き換えられないようにブロックチェーンに記録することだ。この作業には膨大な計算力を必要するために、その作業の成功報酬として新規に発行されるコインが支払われるのだ。このマイニングにも種類がある。

ソロマイニング

プールマイニング

クラウドマイニング

これらにはそれぞれ利点欠点があるのだが、順に説明していく。最初に思いつくのはソロマイニングではないだろうか。このソロマイニングはその名の通り個人でマイニングを行うことだ。自分ひとりで行うため報酬を独り占めすることが可能で、他のマイニング方法と異なり手数料も必要ない。しかし、報酬を独り占めできるということは逆に考えれば、マイニングに成功しなかった場合、収入は全く得られないということだ。また自分ひとりで行うためマイニングを行うための機材をそろえる必要がある。

プールマイニングはソロマイニングとは異なり個人ではなく集団で計算力を合わせてマイニングを行うことだ。この集団をマイニングプールという。このマイニングでは集団で行うためマイニング報酬を得た場合は、提供した計算力の割合に応じて分配される。またプールマイニングは大規模な集団でおこなっているため、安定して報酬を得やすい。ただ安定して収入が得られる代わりに、ソロマイニングのように報酬を独り占めすることや、大きな報酬を得ることは難しくなっている。また手数料がかかることもある。そして計算力を提供して集団でマイニングを行うため、機材をそろえる必要はもちろんある。

クラウドマイニングは自身でマイニングするのではなく、マイニングを行っている団体へ資金を提供し、マイニング報酬を還元してもらうものだ。クラウドマイニングでは自身で機材を用意する必要や電気代を負担する必要もない。ただクラウドマイニングにではこの提供した資金を持ち逃げする詐欺や手数料の問題がある。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. プレイボーイがウォレットビジネスへ

  2. 大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

  3. 中国、暗号通貨決済の布石か

  4. リップルのテクノロジーが大手銀行に使用される

  5. HISグループ率いる沢田氏が仮想通貨業界に参入

  6. イスラムの銀行がブロックチェーンを研究

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立