ニュース

暗号通貨取引・ICO等の規制枠組み発表[タイ]

タイの証券取引委員会(SEC)は認可に必要な要項、認可済みの暗号通貨、手数料など取引やICOにおける規制の枠組みを発表した。

以前ICOで調達が可能なのはSECが認可した暗号通貨とタイバーツのみにする考えを明らかにしていたが、今回の枠組み発表によって既に認可を受けていた通貨も含めて

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ステラ(XLM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

が承認された。この発表により今後ICOではこれらの認可を受けた暗号通貨とタイバーツ以外は調達を禁止することとなる。

暗号通貨やICOに関しては否定的な処置をとる国も多くあるが、タイでは全面禁止を行うのではなく、消費者保護・市場の健全化を目的に明確な規制が行われているため、今後暗号通貨の関連企業も動きやすくなるのではないかと思われる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フランスで特別委員会を創設

  2. 「ペトロ」の需要に高まる不信感

  3. DMM Bitcoinはじまる

  4. G20後の政府の動き

  5. 分散型取引所とは?[初心者向け]

  6. テレグラムCEOを装いTwitterで詐欺

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立