ニュース

ビットコインキャッシュ9割が長期保有、ビットコインは5割

Chainalysisの調査によりビットコインキャッシュ(BCH)の90%は投機目的として保管され、取引がされていないことが明らかとなった。

BCHはビットコイン(BTC)の取引速度などの問題改善のために誕生したのにもかかわらず、その通貨は送金や決済として使用されることなく、ねむっている。これに対してBTCでは投機目的として長期保有する割合と短期保有の割合がほぼ同量になったという。BTCの短期間保有者が増加した理由は最近価格下落が増えているからではと考えられている。

BCHは多くの取引所で取り扱われているのにもかかわらず、また決済手段としても優れている通貨にも関わらず、その利点を利用されずに保有されている状況にある。しかし現段階では決済手段として対応している場が少ないということもあるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. NvidianのQ4決算予想上振れ、仮想通貨Cマイニングプロセッサー売…

  2. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

  3. スイス証券取引所、独自仮想通貨「スイスフラン」を発行へ

  4. G20、2018年7月までに仮想通貨規制案提示で合意

  5. デロイト、ウォール街にブロックチェーンラボを開設

  6. 昨日(7/4)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘