ニュース

ビットコインキャッシュ9割が長期保有、ビットコインは5割

Chainalysisの調査によりビットコインキャッシュ(BCH)の90%は投機目的として保管され、取引がされていないことが明らかとなった。

BCHはビットコイン(BTC)の取引速度などの問題改善のために誕生したのにもかかわらず、その通貨は送金や決済として使用されることなく、ねむっている。これに対してBTCでは投機目的として長期保有する割合と短期保有の割合がほぼ同量になったという。BTCの短期間保有者が増加した理由は最近価格下落が増えているからではと考えられている。

BCHは多くの取引所で取り扱われているのにもかかわらず、また決済手段としても優れている通貨にも関わらず、その利点を利用されずに保有されている状況にある。しかし現段階では決済手段として対応している場が少ないということもあるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 金融庁の対応はこれでいいのか

  2. カード型ウォレットサービスのウォッカ、第三者割当増資

  3. 昨日(11/20)のニュースまとめ

  4. マイニング装置のセール?

  5. アメリカ規制当局「暗号通貨は危険だ」

  6. 取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表…

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場