ニュース

ビットコインキャッシュ9割が長期保有、ビットコインは5割

Chainalysisの調査によりビットコインキャッシュ(BCH)の90%は投機目的として保管され、取引がされていないことが明らかとなった。

BCHはビットコイン(BTC)の取引速度などの問題改善のために誕生したのにもかかわらず、その通貨は送金や決済として使用されることなく、ねむっている。これに対してBTCでは投機目的として長期保有する割合と短期保有の割合がほぼ同量になったという。BTCの短期間保有者が増加した理由は最近価格下落が増えているからではと考えられている。

BCHは多くの取引所で取り扱われているのにもかかわらず、また決済手段としても優れている通貨にも関わらず、その利点を利用されずに保有されている状況にある。しかし現段階では決済手段として対応している場が少ないということもあるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. タイ財務省、暗号資産に関する課税枠組みを発表

  2. 南アフリカの規制状況

  3. バイナンスに続きOKExも本拠をマルタへ

  4. 0x(ZRX)とは?

  5. 中国の暗号通貨詐欺、47,000人被害か?

  6. ロシアの科学者、核実験室で暗号通貨マイニングし逮捕

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]