ニュース

公文書館でブロックチェーンプロジェクト[イギリス]

イギリスの国立公文書館が大学と共同でブロックチェーンプロジェクトを進めているようだ。

このプロジェクト、Archangelは政府機関の協力の元行われている。このプロジェクトを通じて公文書の記録日、管理者、修正履歴等を信頼できるものとするために行われている。公文書にブロックチェーン技術を活用することで透明性が保たれ、利用者にとっても信頼性のあるものとなる。世界最大・最古の国立公文書館がこうした取り組みを行うことで、こうした特定分野で大きな影響を与えるのではないかと予想される。

同様の取り組みは韓国の国会図書館でも行われている。こうした取り組みは今後図書館や公文書館などの記録を扱う機関で活発に行われるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イスラム金融での活躍に期待、Ripple

  2. 国内取引所 GMOコイン

  3. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  4. トロンがETH所持者にAirdrop予定

  5. シンガポールの規制状況

  6. 韓国大手カカオが独自仮想通貨で自社サービスを再編

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘