ニュース

暗号通貨の大きな用途[初心者向け]

暗号通貨に興味のない人でも耳にしたことのあるビットコイン(BTC)から、暗号通貨に関心のある人では知られているイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、調べないと出てこないようなコイン、など暗号通貨は有名どころを抑えても把握しきれないほど存在している。

ただ、把握できないほどの暗号通貨にもある程度分類分けをすることは可能だ。例えばBTCのような決済手段としてのもの、ETHのように新しいシステムや暗号通貨を作るための基盤を提供するもの、そしてXRPのように個人間や銀行間などでの送金手段としてのもの、と分類することができる。

暗号通貨といえば株のように稼ぐためのものとしてとらえ、将来有望かを考える人も多いが、もし暗号通貨そのものに興味があるのであればこうした暗号通貨で何ができるのか、何に重きを置いているのかを調べるのがいいと思われる。

  • 決済手段 ビットコイン(BTC) ネム(XEM)
  • 送金手段 リップル(XRP) モネロ(XMR) ダッシュ(DASH)
  • 基盤提供 イーサリアム(ETH) ネム(NEM)

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. NEM専門情報サイト、NEM MAP

  2. ロシア法整備へ

  3. 中国百度が仮想通貨関連の広告を掲載停止に

  4. 英のリサイクル業者がビットコイン決済導入

  5. クラーケン6月にサービス終了

  6. 日本、匿名通貨終了か

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立