ニュース

Houbi、アメリカ市場に参入

世界大手の暗号通貨取引所Huobiは、新たにアメリカに暗号通貨取引市場を創設した。

この取引市場はサンフランシスコに本社を構えるHBUSという新設企業を経由して提供する。現在、シンガポールに本社を構えるHuobiは海外市場へ積極的に参入する姿勢で韓国に子会社、ロンドンにオフィスを置く計画などを明らかにしている。また、サイバー攻撃などに備え取引所を分散型で誰にも支配されない形へとするための研究開発が行われている。

今回新たに作られたHBUSはHuobiの子会社や部門、系列会社ではなくHuobiにとっての戦略的なパートナーとしての立ち位置であるようだ。

現在は取引高世界第3位であるが分散型取引所への移行や、海外市場への参入が行われることでこの順位が変わっていくことが期待される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【顧客を”金”としか思っていない】ビットフライヤー、クレカ購入停止へ

  2. ビットフィネックスの取引銀行が発覚

  3. IRS、脱税手段としての仮想通貨利用を捜査へ

  4. 不正使用でマイニング 初の立件へ

  5. SEC仮想通貨業界全調査へ

  6. ボリビアでビットコインを利用した投資詐欺、逮捕者60名

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]