ニュース

なりすまし詐欺が多発[Twitter上で]

どこにでもあるなりすまし詐欺、メールや電話、チャットなどで頻繁に行われているが、暗号通貨界隈でも最近多発している。

暗号通貨の情報をTwitterで収集している人は、一度は目にしたことがあるのではないだろうか。大手の暗号通貨情報サイトに限らず、インフルエンサー、ある一定のフォロワーを持っている発言者のツイートに、発言者と全く同じアイコンでリプライの形で勧誘を行っている。なりすまされている相手が発言した際に続ける形で、行うため勘違いしてしまう方もいるかもしれない。ただ、ユーザーIDが異なっている点、日本語で解説しているのに急に英語で勧誘し始める点から、きちんと読めば回避できるものだ。

ただ最近では英語ではなく日本語によるなりすましも増加しているようだ。ただその日本語は翻訳機独特の片言なものとなっている。しかしこれが流ちょうなものとなった際、今までよりも被害が拡大していく恐れがある。こうしたときは必ず元のアカウントと続いているアカウントを調べること、公式に問い合わせてから行動すべきだろう。ただインフルエンサーでも情報サイトでも複数の公式アカウントを持つことはないと思われるので、発見次第ブロックしていくのがいいと思われる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. xRapid本格稼働間近か[Ripple社公式サイトにも変化]

  2. インドネシア、ビットコイン禁止か

  3. 短期的な値幅取りを意識したスタンス

  4. GSの取引デスク開設保留、市場への不可解な影響

  5. イラン、マイニングを正式な産業として認可

  6. UPSはブロックチェーンでペーパーレスへ

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ