ニュース

もとみなし業者の社長、刑事告訴へ[ブルードリームジャパン]

暗号通貨のもとみなし業者である(現在は申請を取り下げている)ブルードリームジャパンの前社長が、会社の資金1300万円を私的に流用したとして、刑事告訴を行うようだ。

同社は私的流用による運営資金の不足を理由に7月9日付で、同交換業の業務廃止を決定し、金融庁への申請登録を取り下げた。また元社長による私的流用のほかに同社は、自社独自の暗号通貨が元社長の個人間で売買を行い、価格形成を行っていたことを十分に説明せずに、まるで市場で実際に売買され価格が動いているように見せかけていたため、東海財務局から2か月間の業務停止命令を受けていた。

ブルードリームジャパンによると元社長である男性は会社の資金を交際費などの私的流用に充てており、使途不明金と合わせてその額は1.2億円にもなるという。同社は現在、経営陣を新たにし、使途不明金の調査を進めているようだ。今年4月に辞任しているその男性は被害額の返済を行っていない。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スイス大手老舗銀行Julius Bear、暗号通貨関連事業開始の発表

  2. コインチェック流出”NEM”、その半数が換金か

  3. 個人間取引で相次ぐ詐欺

  4. 自主規制、レバレッジ上限4倍へ[日本]

  5. 昨日(12/25)のニュースまとめ

  6. 東京の国保、前年比26%上昇

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場