ニュース

中銀のデジタル通貨導入で費用削減[イタリア]

イタリア銀行副総裁は「中央銀行がデジタル通貨を発行することで、EUは760億ユーロ節約できる」とした。

同副総裁は中央銀行が発行するデジタル通貨は、誰にも責任がない暗号通貨と異なり、中央銀行に責任があり、その資産により価値は裏付けされていると強調し、デジタル通貨にすることで製造・輸送・廃棄などの費用を挙げて、これらを削減することができると述べた。またこのデジタル通貨と分散型台帳技術を組み合わせることで、セキュリティ性を向上させつつ管理費用を削減できるとした。

また3月に国際決済銀行によって発表された報告書では「金融に負担がかかっている時期には、国内投資家は中央銀行のデジタル通貨に魅力を感じる可能性が高い」としたことからも金融安定化に効果的なのではないか、とした。

イタリアも日本と同じく債務返済に追われている国であり、国民が国内の金融・経済の未来に不安を抱いているのは同じだろう。しかし人々が国内の将来に悲観的であるときに、中央銀行のデジタル通貨などに魅力を感じるのだろうか。悲観的であればあるほど、政府への信頼度は低いため、政府に依存したい暗号通貨へと流れるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. G20、仮想通貨規制を議論へ

  2. 仙台でNEMのミートアップ

  3. bitFlyerがセキュリティの評価で世界一となる

  4. 競売の落札代金にBTC支払いも選択可能

  5. 韓国の投資家、約4億ドルでビットスタンプ買収

  6. デラウェア州医療協会、ヘルスケアへのアクセスを改善するブロックチェーン…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立