ニュース

証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

モスクワ証券取引所(MOEX)は企業のICO実施を可能にするためにインフラ整備を開始した。

モスクワ証券取引所はロシアの金融商品の売買が行われる中心地であり、株式や債券、貨幣などの取引が活発に行われている。ロシアではICOの法規制下に動き始めている。

MOEXは法定通貨の観点からインフラの整備を検討している。暗号通貨に対してロシアでは暗号通貨の全面禁止などの措置は取られていない。資金洗浄対策、脱税への対策、顧客確認などの法規制を整備し、暗号通貨を金融資産と定義することで規制し、健全化を図っている。中央銀行はICOなどを禁止従っているようだが、政府はあくまで規制による対策でとどめていく方針だ。そのためMOEXもその政府の意向に沿い、暗号通貨を取引所のシステムとして迎えるべく、インフラを整える方針のようである。

またMOEXは「投資家からの要望が多ければICOの先物契約発行も検討している」と述べ、現在市場調査を行っているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ネム専用のモバイルウォレットリリース

  2. ビットコインファンデーション重役が予言!「ビットコイン年末までに400…

  3. 仮想通貨取引所の登録制導入か

  4. インドネシア中央銀行が警告

  5. 韓国で金塊68kgの運び出しの日本人男性4人、元手はビットコイン

  6. 中国大手Huobiが独自トークン

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立