ニュース

証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

モスクワ証券取引所(MOEX)は企業のICO実施を可能にするためにインフラ整備を開始した。

モスクワ証券取引所はロシアの金融商品の売買が行われる中心地であり、株式や債券、貨幣などの取引が活発に行われている。ロシアではICOの法規制下に動き始めている。

MOEXは法定通貨の観点からインフラの整備を検討している。暗号通貨に対してロシアでは暗号通貨の全面禁止などの措置は取られていない。資金洗浄対策、脱税への対策、顧客確認などの法規制を整備し、暗号通貨を金融資産と定義することで規制し、健全化を図っている。中央銀行はICOなどを禁止従っているようだが、政府はあくまで規制による対策でとどめていく方針だ。そのためMOEXもその政府の意向に沿い、暗号通貨を取引所のシステムとして迎えるべく、インフラを整える方針のようである。

またMOEXは「投資家からの要望が多ければICOの先物契約発行も検討している」と述べ、現在市場調査を行っているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ICOのガイドライン発表[リトアニア]

  2. 仮想通貨で「いつでもどこでも」資金の出入可能

  3. Ripple、既存ユーザーの身分証提出を促進

  4. ブロックチェーンスマホの予約方法

  5. ドイツ、仮想通貨での”支払い”には課税なし

  6. ビットコインは金の上位互換になれるのか

PAGE TOP

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか