ニュース

欧州も本人確認の義務付けに動く

欧州経済金融問題委員会(ECON)は暗号通貨及びウォレットプロバイダーの本人確認を義務付け、資金洗浄対策として2019年の6月からこの規制を実施する。

欧米では現在電話番号とメールアドレスの提示だけで暗号通貨・法定通貨の取引がなされるほどの緩い本人確認となっている。現時点ではそうした緩い規制となっているが、犯罪利用防止や市場の健全化、成長の為に今後新たな規制が導入されていくことが予想される。

暗号通貨は犯罪利用が多いと危険視されることも多いが、そうした犯罪利用がしやすい環境になっているだけであって、暗号通貨そのものが犯罪を促進させるものではない。適切な規制、制度が導入されることで業界は成長しながら健全化していく。いまある懐疑心・不信感を払しょくするためにも適切な法規制、環境作りが必要だろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スワジランドが仮想通貨を研究

  2. 金融庁はコインチェック以外にも立ち入り調査

  3. テックビューロ、トレカ管理システム実証実験

  4. 競売の落札代金にBTC支払いも選択可能

  5. SBIがJCBなどと提携

  6. エジプト政府が国民のコンピュータ使い無断でマイニングか

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]