ニュース

日本の現在のみなし業者

金融庁の審査によりみなし業者は初期の16社から4社にまで数を減らした。今月では複数回にわたり顧客の資産を流用していたBMEXと今迄に下された改善命令を理解できているものがいないために2度にわたり業務停止命令を受けていたFSHOが登録申請を拒否され、みなし業者の枠から外れる。現在みなし業者として残っている4社は以下の通りである。

ただコインチェックに関しては6月中に営業の全面再開を予定しているようなので、実質みなし業者は3社となる。またみんなのビットコインはトレイダーズホールディングスが買収している。みなし業者が次々と撤退していくが、撤退していった取引所では顧客の資産を私的に流用していた事実が目立つ。国内取引所が数を減らしていくのは残念だが、こうした管理体制が十分でない取引所は淘汰されるべきだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 海運業界が大きく変わるか[日本郵船、デジタル給与へ]

  2. マイニング機窃盗犯脱獄

  3. アメリカも、自主規制団体設立

  4. 1週間(12/10~12/16)のニュースまとめ

  5. ブロックチェーン技術で米の真正性確保

  6. 欧州委員会がブロックチェーンを評価

PAGE TOP

ニュース

1週間(1/14~1/21)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日