ニュース

日本の現在のみなし業者

金融庁の審査によりみなし業者は初期の16社から4社にまで数を減らした。今月では複数回にわたり顧客の資産を流用していたBMEXと今迄に下された改善命令を理解できているものがいないために2度にわたり業務停止命令を受けていたFSHOが登録申請を拒否され、みなし業者の枠から外れる。現在みなし業者として残っている4社は以下の通りである。

ただコインチェックに関しては6月中に営業の全面再開を予定しているようなので、実質みなし業者は3社となる。またみんなのビットコインはトレイダーズホールディングスが買収している。みなし業者が次々と撤退していくが、撤退していった取引所では顧客の資産を私的に流用していた事実が目立つ。国内取引所が数を減らしていくのは残念だが、こうした管理体制が十分でない取引所は淘汰されるべきだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 金融機関はどう変化するか[デジタル化]

  2. 中国規制緩和の兆しか

  3. ケンブリッジ・アナティカが過去にICOを計画

  4. 仮想通貨関連法案FAQ

  5. bitFlyer顧客対応窓口を新たに開設

  6. 昨日(2/2)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(6/18)のニュースまとめ

ニュース

国内取引所BITPoint[取引所まとめ]

ニュース

韓国公正取引委員会、取引所利用規約に是正勧告[利用者資産の保護]

ニュース

Ripple社とMoneyGram、戦略的提携[xRapidの利用]

ニュース

Binance,BTC担保のコイン発行[DEXでの流動性向上]

ニュース

昨日(6/17)のニュースまとめ

ニュース

出金アドレスとは?[コインの森なんでも相談室]

ニュース

コインチェック事件、ロシア系ハッカー関与の可能性浮上[SumoLogic採用で監…