ニュース

ZenCash、51%攻撃を受ける

暗号通貨ZenCash(ZEN)が6月3日に51%攻撃を受けた。ZENは価格の下落が起きている。

ZENは安全性と匿名性を日常的にも利用できることを目指し、ジークラシック(ZCL)からハードフォークして誕生した暗号通貨である。ZenCashではブロックチェーンを活用しデータの漏洩防止やプライベート保護を目的とし、追跡不可能な方法で通信を中継し、匿名での通信を世界中で可能にすることを目的としている。

不正な取引を目的とした悪意ある利用者が過半数以上のマイニング能力を保持することでブロックチェーンネットワークを乗っ取る行為、51%攻撃によって約20,000ZENが不正にハッカーの手にわたってしまった。

現在は取引所の協力も得て、ハッカーの特定や自体の分析を行っている。このZENは国内取引所Zaifで取り扱われているZenとは別のコインとなっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Binance、5種のコイン上場廃止へ[取引所による上場廃止の動き]

  2. 昨日(11/7)のニュースまとめ

  3. ICOで1,820億円もの詐欺

  4. 分散型取引所でもハッキング被害

  5. BIS総支配人、ビットコインは「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ…

  6. ビットコイン、ギリシャ国民投票の影響もあり高値維持

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧

ニュース

ZHDとLINE統合へ[アメリカのGAFA、中国のBAT]

ニュース

VISA,ブロックチェーンシステムに関する論文公開

ニュース

2020年民法改正[保証人保護や利用規約について]

ニュース

BITPoint、送金フロー変更[二段階認証必須に]

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ