ニュース

中央銀行による暗号通貨発行検討[タイ]

タイの中央銀行、タイ銀行は独自の暗号通貨発行を検討しているようだ。

タイでは現在暗号通貨への規制が進んでおり、暗号通貨関連業者は登録制、ICOに関しては調達できる資金はタイバーツとSECが認可した通貨のみにしようとする動きがみられている。しかし基準を明確にするような規制となっており、暗号通貨そのものの禁止やICOの禁止などの規制は取られていない寛容なものとなっている。

そんな同国では中央銀行が暗号通貨を発行することで従来のシステムと比べ仲介プロセスが減ることや決済時間、コストなどが削減されることを期待し、この案を検討しているようである。ただこの検討は事務処理的な業務での適応可能性や技術的な可能性について研究しているだけで、中央銀行による暗号通貨発行を早期に導入することを考えているわけではないとしている。

こうした中央銀行による暗号通貨発行は検討されているものの、金融安定での影響や通貨の定義的な面から実際に導入しようとする国は多くない。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

  2. ビットフライヤー、BTCとネットマイルの交換が可能に

  3. メタップスが韓国で取引所

  4. ETFとは?暗号通貨市場のこれから

  5. 知らないうちにXRPを利用する環境へ

  6. 韓国、人材育成にも注力

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ