ニュース

今月から新たな暗号通貨規制適応[日本]

日本では今月から新たに海外に暗号通貨3000万円以上を送金する場合に超過分を財務省に報告することを義務付ける という規制が適応される。新たな国際送金に対する規制が適応されるようになったが、ここで日本の暗号通貨に対する規制を振り返ってみる。

日本では先進国の中では珍しい暗号通貨に寛容な国であったが、コインチェック(CC)での流失事件から暗号通貨に対しては厳しい規制を引くようになった。

日本政府は暗号通貨交換業者を登録制にし、帳簿書類や報告書の作成を義務付ける法案を17年4月に可決し18年4月にはICOを合法化するためのガイドラインと規制を提唱している。また暗号通貨交換業者らもCCでの事件を再発しないようにするため、政府に対して協力的である。

登録制度の審査はシステム管理・資金洗浄対策・管理体制・取り扱う暗号通貨の種類・内部管理の5つの焦点に絞られ、書面だけでなく立ち入り検査を行い、運営体制を調べていく。

今までの寛容な規制から考えてみれば十分厳しいものではあるが、ICOの合法化に向けて動くこともしているのですべてを禁止するほど厳しくはないとみられる。しかしこれから成長していき、日本が暗号通貨業界において先進国となるのではないかという予想からは外れてしまった形となっている。ただ、麻生太郎財務・金融相は「仮想通貨は技術で日本が一番、うまくやれば育つ」と発言しているので、今後何らかの成長を促す策がでるのかと期待したい。

日本の課税状況→https://coinsforest.com/p/9567/  補償金は課税対象か→https://coinsforest.com/p/9010/  財務省送金規制→https://coinsforest.com/p/8575/  審査基準の詳しい内容→https://coinsforest.com/p/9702/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. オランダ、韓国に続きオーストラリアでも

  2. CME、イーサ先物サービス開始への思惑も

  3. 金融立国シンガポールの対応

  4. 注目のMr.Exchange

  5. SBI,ブロックチェーンスタートアップ企業へ出資

  6. 韓国、ハッキング受け規制強化

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ