ニュース

EOS、12個のバグが発見される

EOSのバグをホワイトハッカーが12個も発見した。以前EOSは中国のセキュリティ会社が脆弱性の指摘をした後(5月30日)に、「脆弱性を発見した方には1個につき1万ドル支払う」とEOSの脆弱性に懸賞金をかけていた。

オランダのホワイトハッカーは一週間で12個ものバグを発見したようだが、そのうちの8つは既にEOSの親会社Block.oneに確認されていたため12万ドルではなく8万ドルの賞金となったようだ。現在このホワイトハッカーによって見つけられたバグは公開されていない。しかしこのバグがホワイトハッカーによる発見ではなく、悪意あるハッカーによる発見でそれを利用した攻撃が行われていたら、大きな被害を生み出したことだろう。EOSは注目を集めているプラットフォームの1つであり、それをたった一年でローンチにまで導いた行動力は評価されるものではあるが、こうしたバグが大量見見つかっているために、本当に精査され完成したのかという不安視されるのも仕方ないかと思われる。

EOSの脆弱性→https://coinsforest.com/p/10460/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

  2. インドではビットコインは法定通貨としない

  3. リップル界隈の盛り上がり

  4. SBI,ブロックチェーンスタートアップ企業へ出資

  5. FSB、暗号通貨市場監視枠組み発表

  6. bitFlyerヨーロッパでも交換業開始

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]