ニュース

マスターカード、ブロックチェーン技術で認証

大手クレジット会社、マスターカードはクーポン認証のためのブロックチェーン技術の特許を取得した。

この技術では一人ひとりにブロックチェーンアドレスを割り当て、認証情報がカードやウォレットアプリなどに保存されることで、クーポンを換金しようとした際に各自のアドレスに顧客が割引を受け取る権限を持っているかの確認が行われ、またこの換金処理も自動的に行われるようになる。そのため権限のないものによる不正利用やクーポンを重複して使用するということも防ぐことが可能となる。

ブロックチェーン技術を活用して、今迄横行していた詐欺や不正利用が少なくなるのは素晴らしい。実際にマスターカードだけでなくAMEXでもブロックチェーン技術を利用したクーポンサービスを提供することが発表されている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  2. 公務員、暗号通貨保有に対する報告義務

  3. MR.Rippleカスタマーサポート一時停止

  4. IRS、脱税手段としての仮想通貨利用を捜査へ

  5. 昨日(10/6)のニュースまとめ

  6. 「ペトロ」の需要に高まる不信感

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ