ニュース

詐欺的な会社を判別するサイト開設[ベルギー]

ベルギーの政府機関であるFPSエコノミーは暗号通貨への投資リスクの認識を高めるためのWebサイトを立ち上げた。このサイトでは過去に詐欺を行った企業を判別できる機能も備わっている。

ベルギーでは暗号通貨に対する強い規制は行われていないが、国民が国外の取引所を利用したかを調査し、きちんと納税しているかの調査が行われている。暗号通貨に対する偏見などの運動は行ってはいないが、過去に詐欺行為を働いた企業・関連する人物が関わっていないか慎重に調べたうえで投資するよう注意喚起を行っている。

今回立ち上げられたWebサイトの名前は「Too Good to Be True」と投資家が見つけた詐欺的な企業を報告できるサイトとなっている。また過去に詐欺行為を行った起業家を調べる機能も付いている。しかしFPSは「怪しいと思った企業が過去に詐欺を行っていなかったとしても安全であると判断できるわけではない」とし、さらに詳しく調べる必要があすと主張している。過去に詐欺を行った企業は使い捨てである場合が多いため、プロジェクトの内容を慎重に確認して投資するべきだとしている。

何事も調べすぎということはないので、たとえ周囲の人間がいいと進めてきても自身で情報収集する必要がある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国取引所の顧客資産額は6400億円

  2. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  3. 暗号資産保持者を狙った新たな詐欺

  4. 自治体で初のICO

  5. 1週間(8/13~8/19)のニュースまとめ

  6. 独自仮想通貨発行のベネズエラ、貿易相手国が受け入れへ

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場