ニュース

GMO、ASIC搭載マイニング機器を販売

GMOインターネットが自社で開発したマイニングマシン、GMO miner B2の販売を10月末から開始する予定だ。

GMOでは暗号通貨マイニング事業の月次報告も行っており、ハッシュレートは上昇傾向にあり、好調だ。今回GMOが販売するマイニングマシンはビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)が採用しているSHA256に特化したASICとなっている。(ASICとはマイニングのための計算機器でマイニングのためであるがためにGPUやCPUと比べて桁違いの計算能力を誇る。)他社の製品と比較して消費電力を最大20%削減し、1秒間で24兆回の計算が可能だという。またこうしたマイニング機器の盗難事件を踏まえ、対策としてオンラインで検知できる仕組みや機器を監視するAPIも提供される。

このマイニング機器はGMOのスイス法人を通じて販売し、BTC・BCH・アメリカドルでの支払いとなっている。

GMO公式→https://www.gmo.jp/news/article/?id=6064

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. シンガポールでブロックチェーン技術開発コンペ開催

  2. 法定通貨と暗号通貨の競争

  3. ベトナム、規制強化か

  4. Codiusとは

  5. 簡単な使いやすい技術を目指すLisk

  6. 【恐怖!!】ロシアでビットコイン求めてナイフで強盗

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]