ニュース

金融機関でもXRPが使われるようになる日は近い

6月4日のオランダで開催されたMoney20/20にてリップル社は「2019年にはより多くの銀行や金融機関がxRapidを採用していくことになる」と述べた。

xRapidとは暗号通貨XRPを利用した送金システムで、国際送金におけるコストを軽減させるだけでなく24時間365日稼働させることが可能で、毎秒1500件という脅威の取引処理能力を持つため今までの国際送金における問題を解決できる。いままでXRPは「リップル社の送金サービスなどは利用されるが、それはXRPを使用しなくても利用できる」とのことから、リップル社がどの企業と提携しようが利用されようが、価格上昇にはつながらなかった。しかし2017年後半に公開されたxRapidのベータ版は既にWestern UnionやMoneyGram、Mercury FXといった国際送金サービスやネットワークを提供する業界で有名な企業によって導入され、利用されている

今回リップル社が「xRapidが今まで以上に利用される」と発言したのは、近々xRapidの正式版を公表する予定であるからだ。ベータ版でさえ既に大手に導入・利用されておりその利便性は証明されている。そのためこの正式なxRapidの公開により多くの金融機関が利用するのではないだろうか。また暗号通貨ではよく問題視される「価格変動」だが、同社はまだ新興市場である暗号通貨市場では価値は安定しないとし、様々な価値を生み出し実用性を証明することで市場は安定していくだろうとした。

しかしこのxRapidが各国で利用されるようになればXRPの需要は高まり、価格は上昇していくのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 不正マイニングに警視庁が警告

  2. 米リップル、ブロックチェーンの業界団体ハイパーレッジャーに加盟

  3. 昨日(11/27)のニュースまとめ

  4. 日本、世界最高の暗号通貨保有率

  5. 大暴落で取引所に痛手か

  6. 大口投資家情報の報告義務[イスラエル]

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ