ニュース

オランダ「厳しい規制は取引の規律を失う」

オランダの経済政策分析局(CPB)は暗号通貨の「国内経済の安定に及ぼすリスクは低い」とする報告書を発表した。

こうした暗号通貨が及ぼすリスクに対して危険度は低いとみなすのは国際通貨基金やロシア・アメリカと同じだ。CPBでは2012年から毎年金融リスク報告書の作成を行っており、暗号通貨の金融安定に対する悪影響は深刻に考えるものではないとしている。オランダでは暗号通貨に対する大きな規制は行われておらず、主要な通貨に対しては「財産権の特性を持つ」と裁判所での判例が出たことから、一定の価値を認めている。またブロックチェーン技術に関しても積極的に取り組んでおり、全国的にこの技術を導入するための計画を発表している。

今回の暗号通貨のリスクに関しての報告書では、暗号通貨と政府金融機関の関係性が強くなると比例してリスクが高くなると予測している。利用者は日常的な決済手段としてではなく、保有しておくことを好むとも分析している。また厳しすぎず、緩すぎないバランスの取れた規制がないとその他のリスクが生まれるとの指摘もしている。意味を持たないほどの優しい規制が効果を生まないのは当然だが、厳しすぎると業界の育成や人材の流失だけでなくシャドーバンキングのような規制から逃れたものの動きが活発になる、としている。

オランダ、ブロックチェーン技術計画→https://coinsforest.com/p/9928/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. EOS、中国政府による格付け再び1位に

  2. 1週間(7/2~7/8)ニュースまとめ

  3. 政治にブロックチェーンプラットフォーム

  4. マイニング工場、騒音被害で閉鎖か

  5. リップルのテクノロジーが大手銀行に使用される

  6. ウィンクルボス兄弟のビットコイン取引所、ついに開業

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ