ニュース

XRP,BTCの中央集権から抜け出す

今後XRPはBTCの価格の影響を受けなくなる、とされている。

理由は簡単で、XRPとBTCはもともと全く異なる性質を持つ通貨であり、関連性は全くないということ。そして最近ではXRP基軸の取引が増加したこと。そして何よりXRP/BTCの取引が減少傾向にあるという3点からXRPはBTCの影響は受けなくなっていくだろうと考えられる。

アルトコインはBTCで購入されることが多く、そのためBTCの価値が変動するとそれを利用して売買されるアルトコインも連動して価格が変動するということが起きている。そのため市場はBTCによって左右されるもの、と考える方も多い。基準となっている通貨がBTCだけであるため、その影響は大きい。言ってみれば今の暗号通貨市場はBTCによって支配されている。もちろん、XRPもそれは例外ではなく今まで影響を受けてきた。しかしそういった時代は終わろうとしている。

BTCとXRPが非中央集権型と送金システムの普及、といった全く別の方向を目指している通貨であることから関連性はなく、またこのBTCとXRPの取引が減少していることから影響を受ける要因はなくなっていくと考えられる。また最近ではXRPを基軸通貨として扱う取引所も増えていることから、XRPがBTCとは完全に切り離され独自の地位を確実に築いていくことが予想される。こうしたことからXRPは他のコインの影響を受けなくなっていくと考えられている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 著名人らBTCに対する強気発言

  2. 詐欺的コイン急増、トラブル多発

  3. モネロが私怨でBTCにサーバー攻撃予定か

  4. マイニングで課金アイテムゲット

  5. 中国最大級の自動車部品メーカー、ブロックチェーンに投資

  6. ビットコインが高騰、9万円台へ

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ