ニュース

HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

6月2日にイギリスに拠点を構える暗号通貨大手取引所HitBTCは日本居住者へのサービス提供を6月14日から一時的に停止することを発表した。

同取引所はICOを実施して間もない暗号通貨や認知度の低い評価のわかれる草コインなどを取り扱うなどの種類豊富な取引所として有名で、最近ではガクトがかかわっていることで有名なスピンドルの大手上場先として日本人の取引が急激に増加した取引所でもある。この取引所の日本居住者を締め出す措置は金融庁の規制強化の影響を受けたものと考えられる。金融庁の規制強化の影響を受けた海外取引所といえば、無登録で暗号通貨交換業務を行っていると警告をうけたBainanceが思い浮かぶ。

HitBTCの顧客へのメールやホームページでは「日本の資金決済法に準拠するために、日本居住者へのチリ引き所のサービス提供は、一時的に停止することを決定した」と書かれている。このため本人確認によって居住者状況を提供し、日本人居住者でないことを証明できなければ、同取引所でのサービスは停止される。この対処は日本の法規制に従うというもので、HitBTCが金融庁の意向に沿い、必要な基準を整えてからサービスを再開するための準備行為のようにも考えられる。HitBTCが金融庁の意向に沿おうとする姿勢は誠実だとも評価されるが、こうした海外取引所にまで影響を及ぼす金融庁の動きに不満を募らせている声も聞かれる。市場の健全化・投資家の保護のためには必要なものかもしれないが、経済成長のためにはどうだろうか。

公式→https://blog.hitbtc.com/hitbtc-is-preparing-to-launch-a-regulated-subsidiary-in-japan/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. URSNIFがビットコインを狙う

  2. 暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補

  3. もとみなし業者の社長、刑事告訴へ[ブルードリームジャパン]

  4. 増加するXRPの取引可能ペア

  5. 取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX…

  6. 子供へのお小遣いもデジタル通貨がメジャーに?

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]