ニュース

EU圏では政府発行のデジタル通貨は不可能か

暗号通貨に対して肯定的でそういった設備の普及も広まっていることで有名なバルト三国だが、中でもエストニア共和国は政府発行のデジタル通貨「エストコイン」を作成する計画が持ち上がっていた。しかし、欧州中央銀行(ECB)の総裁と同国内の金融当局による非難から、この計画は後退したようだ。

エストニアでは昨年からこのエストコインについての議論が行われており、このコインを利用することで遠隔地からの文書署名や外国人が企業を設立するさいの動機にもなるのではないかという、同国内の経済を活発化させる目的のために政府発行の暗号通貨案が持ち上がっていた。しかしエストニアはEU加盟国であることから、独自の通貨を導入することはできない。ECBの総裁による「EU圏の通貨はユーロだ」との発言から、エストニア政府は「エストコインはコミュニティ内の支払い手段で進めていく方針で、政府は新たな通貨の開発は行っていない」と独自通貨発行計画の後退をみせた。

しかし国ではなくEU加盟国、という理由で他国から非難される状況となるとEU圏でのこうした計画は進まず、停滞していくように思われる。EU圏で権力を持つ国がそうした動きとなるまで政府発行のデジタル通貨発行の動きは鈍化しそうである。またこうしたEUの強い圧力から圏内各国のEU脱退の考えが強まりそうでもある。

バルト三国の暗号通貨への姿勢→https://coinsforest.com/p/9397/

エストコイン→https://coinsforest.com/p/2727/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. R3のブロックチェーン上で証券取引が成功

  2. 中国最大の複合企業がブロックチェーンの新興企業に投資

  3. CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは…

  4. ロシアは暗号通貨業界にどう動く

  5. 大手証券・メガ銀参加の研究会でICO等のルール提言

  6. 中国の大手取引所で信用取引が停止される

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]