ニュース

Ginco、ウォレットだけでなくマイニングも

暗号通貨を保管するに重要な秘密鍵を管理するウォレットを開発していることで有名なGincoが新たに暗号通貨のマイニング事業へと参入するようだ。

同社は電気代などのコストを考え、モンゴルに100%子会社を設立しマイニングに利用する機器の販売やマイニングを行っていくようだ。同社は最大10000台の専用機器を収容するマイニング施設を6月中旬に稼働させる。またこのマイニング事業に合わせて、クラウドマイニングのサービスも始める予定だ。

クラウドマイニングはマイニングを行う団体組織に対して、電気代や設備に関する費用を負担することで、マイニングで得た報酬を配当してもらう。つまり、実際に機器を持たずとも、投資することでマイニングの報酬を得るということだ。この場合Gincoへマイニング費用の援助・投資を行うことでマイニングの報酬を得られるというものだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

  2. 元HSBC行員が設立したフィンテック学習サービスが人気

  3. 欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

  4. 米投資ファンドのマルチコイン・キャピタル、ベンチャーキャピタリストから…

  5. ノルウェー航空、暗号通貨取引所を設立

  6. 中国の三大取引所が仮想通貨に取引手数料を導入。

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ