ニュース

EOS、ICO史上最高額の調達に成功

EOSがICOにて史上最高額の40億ドル(約4400億円)を調達し、1年間のクラウドセールが完了する。

EOSは大規模な分散型アプリケーションシステムを構築し、透明性と公平性のあるシステムになると期待が集まっていた。しかしEOSのソフトウェアが開発されてもEOSトークンの使用用途は明らかになっておらず、このトークンセールが終了することで取引は終了し預入引き出しは不可能となるためトークンがどのような動きを持つかにも注目が集まっている。また、EOSの公式は煽り行為であると一蹴しているが、「EOS内にノードを乗っ取ることを可能にする脆弱性が見つかった」というセキュリティ会社の声もある。ICOで史上最高額を調達するほどに注目されているプロジェクトではあるが、様々な疑惑・不安があるようだ。

EOSとはhttps://coinsforest.com/p/9799/ EOS脆弱性否定→https://coinsforest.com/p/10468/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 規制検討も技術は擁護

  2. 昨日(9/15)のニュースまとめ

  3. Jpモルガン銀行がブロックチェーンの子会社を独立検討

  4. 韓国大手取引所ビッサム、国内8,000店舗で仮想通貨決済の導入目指す

  5. コインチェックが来週をメドに流出NEMの補償実施へ

  6. 仕込み買いする暗号通貨の選び方 Part2

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは