ニュース

国内取引所 BIT Point

今回は国内の金融庁の認可を受けている取引所BIT Pointを紹介する。

この取引所の一番の特徴は取引手数料が全て無料となっていることだろう。国内の取引所はいくつもあるが多くは割高な手数料を設定することで利益を上げている。また手数料無料とうたっていてもある種の通貨のみ、期間限定と条件が設けられていることもある。しかし同取引所は暗号通貨の現物取引手数料だけでなく、レバレッジ取引やFX取引、法定通貨の出金、暗号通貨の入金手数料も無料となっている。また取扱通貨についてもビットコイン(BTC) ビットコインキャッシュ(BCH) ライトコイン(LTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP)と5つの主要な暗号通貨を取り扱っている。

またログイン時の2段階認証やセキュリティ対策についても秘密鍵を解読できないようになどの対策が行われている。

取引所のセキュリティ対策も必要だが、なるべく自分自身でウォレットによる管理を行ったほうが安全だ。

Bitbankhttps://coinsforest.com/p/9547/ Zaifhttps://coinsforest.com/p/9550/ BitTredehttps://coinsforest.com/p/9553/ DMMBitcoinhttps://coinsforest.com/p/9555/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米投資ファンドのマルチコイン・キャピタル、ベンチャーキャピタリストから…

  2. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  3. bitFlyerがTom Love氏を顧問へ

  4. 暗号通貨カフェ&バー、大阪でオープン

  5. 停滞した日本の暗号通貨業界の成長

  6. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場