ニュース

SBI VCいよいよ始動か?!

SBIホールディングスの子会社、SBIバーチャルカレンシーズの「取引開始は早ければ夏」ということを代表取締役の北尾吉孝氏から聞いてもう3か月となる。SBI VCでは先行予約口座開設申し込みをし、審査が完了した顧客に対してはがきの送付が始まった。一般口座開設はまだ先となっているが、北尾氏が述べていた夏はもう近い。

また住信SBIネット銀行の口座を用意する必要があり、SBIホールディングスで連携を取りながらの徹底したセキュリティ対策をとっているため、安全に暗号通貨を手に入れたい人にとっては未だかつてない最適解のようにも見える。銀行業を営んでいるが故のセキュリティ対策、資金洗浄対策、本人確認、不正ログインへの防御、内部管理、サイバー攻撃対策と既存の取引所が抱えている、金融庁が問題視しているものを難なく解決し、対策を行っている。

またこのSBI VCでは暗号通貨の入金・出金は受け付けず、現在はリップル社によって開発されたXRPのみを現物取引で扱う。現金のみでの対応、且つ取り扱い通貨はXRPのみとなるとXRPへの日本円の流入が増加していくことが予想される。またこのSBIVCでは住信SBIネット銀行の口座が必要とされているため、もとからSBIネット銀行を利用していた人からの新たな参入も考えられる。SBIは証券も取り扱っているため、そうした投資家の新規参入も期待される。このSBI VCの動きによりXRPの価格の動きに注目が集まる。

SBI VC公式ホームページ→https://www.sbivc.co.jp/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始…

  2. FAFT、暗号通貨規制の草案公表[国際的な健全化への動き]

  3. イーサリアムの大会に日本企業選出

  4. 個人間取引で相次ぐ詐欺

  5. 日本の銀行業の変化[SBI HD,決算説明会]

  6. 昨日(8/21)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]

ニュース

Bitgate、ダイコホールディングスグループ子会社へ[資本移動]

ニュース

昨日(1/27)のニュースまとめ