ニュース

ステーブルコインとは

暗号通貨といえば価格変動が大きく、価値の安定しないものとして認識されているが、暗号通貨には価値が一定となっていて価格変動が小さい、ステーブルコインというものが存在する。このステーブルコインとはどんなものなのだろうか。

まずステーブルコインといっても様々な種類が存在する。

  • 法定通貨と連動しているもの 
  • 他の暗号通貨に連動しているもの 
  • スマートコントラクトで発行したもの

と3つの種類が存在する。現在多くの暗号通貨は暗号通貨市場の動きの中で価格変動が起きているが、法定通貨と連動しているものでは暗号通貨市場の動きは関係がなく、そのため一定の価値を持つことができる。しかし中央集権的な管理者が存在することから、その管理者への信頼が価格を左右することもある。また暗号通貨を購入する理由として、政府のような特定の組織・機関からの支配から逃れたいというものがある人にとっては納得のできないものだ。法定通貨と連動していくこの通貨では三菱UFJが発行予定のMUFGコインが当てはまる。

またほかの暗号通貨に連動したものは、たった一つの価格ではなく複数の通貨に連動するため平均的な動きとなり、法定通貨のような安定はないものの一般的な暗号通貨と比較するとその変動の幅は小さくなっている。ただ、市場全体が落ち込んでいたり急騰したりすると市場全体の動きであるため、影響力を分散させていてもその動きに引っ張られる。

スマートコントラクトで発行したコインは人の手が入らずに、発行されているため中央集権型ではなく、従来のような価格変動の影響を受けない通貨となっている。ステーブルコインを追求し、暗号通貨の利点も失いたくないと考えるのであればこのスマートコントラクトで発行した通貨が最も理想に近いのではないかと考えられる。

 

↓↓関連記事↓↓

関連記事

  1. キプロスで証券市場をブロックチェーンで監視

  2. コインチェック問題の記事まとめ

  3. カメラメーカーの”コダック”がICOを延期

  4. 昨日(9/22)のニュースまとめ

  5. シンガポール、新規制施行へ[FATF・暗号通貨]

  6. テックビューロ、COMSA HUB公開[ICO/IEO]

PAGE TOP

ニュース

アメリカ、CBDCに動き[アメリカドル1強の地位]

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…