ニュース

XRPで不動産取引!

金融機関との提携や試運転成功などで活躍が目覚ましいリップル社が、新たにPropy社と提携し不動産をXRPで購入できるようになった。

これまで不動産が競売にかけられた際、ビットコイン(BTC)での決済も認めるなどBTCやETHでの不動産の取引は行われていたがXRPでは行われていなかった。今回提携したPropy社はアメリカのサンフランシスコを拠点にしたフィンテック系のベンチャー企業で、世界中の不動産を暗号通貨で取引できるようにした企業だ。この企業では既にBTCとETHによる決済に対応している。

今までは銀行や送金会社にリップル社の送金システムを利用されるなどの報道が多かったが、これまでの「送金」としての活用ではないため、今までとは違った反応が市場に見られるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. FX規制強化で暗号通貨へ投資家は流れるか

  2. 暗号通貨に対する国内法の解説演説

  3. ロシアが仮想通貨業界規制の法案「デジタル資産規制法」公開

  4. 仮想通貨ヘッジファンドの数が4ヵ月で倍増=英金融調査会社

  5. マレーシア中央銀行暗号通貨禁止か

  6. 昨日(9/7)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ